ホーム ≫ 大阪で断熱リフォームをお考えなら【断熱のタイコー】へ ≫ 大阪で断熱リフォームなら【断熱のタイコー】へ!壁・床・窓の断熱施工はお任せ~外断熱と内断熱の違いとは?~

コラム

断熱のタイコーのコラムを掲載してます。

大阪で断熱リフォームなら【断熱のタイコー】へ!壁・床・窓の断熱施工はお任せ~外断熱と内断熱の違いとは?~

大阪で断熱リフォームなら【断熱のタイコー】にお任せ~外断熱と内断熱の違い~

大阪で断熱リフォームなら【断熱のタイコー】にお任せ~外断熱と内断熱の違い~

大阪断熱リフォームが必要な際は、【断熱のタイコー】へご連絡ください。施工の際、や天井裏をめくる必要がなく、コンパクトな機械を使用するため狭小地や住宅地での施工も可能になりました。

断熱の工法には「外断熱」と「内断熱」があり、日本では内断熱が一般的です。

外断熱

外断熱は、結露が起きにくく気密性が高いという特長があります。建物全体の外側を包みこむため外気の影響を受けにくく、室内の温度が保ちやすいので寒い時期でも結露がほとんど起きないのです。カビやサビも発生しにくいため、建物が長持ちするというのも大きなメリットです。欧米では一般的な断熱工法です。

内断熱

内断熱は、建物の内側に断熱材を施して住空間を快適に保ちます。複雑な建物形状にも対応でき、外断熱に比べてコストが安く、天候を問わず施工することができます。日本で昔から行われている工法のため、専門知識や技術に長けた業者が多いというメリットがあります。

壁・床・窓の断熱で快適な暮らしを実現~なぜ窓の断熱が必要?

壁・床・窓の断熱で快適な暮らしを実現~なぜ窓の断熱が必要?

大阪で断熱リフォームを検討している方は、【断熱のタイコー】へご連絡ください。水で発泡させる断熱材で、オゾン層破壊や地球温暖化の原因であるフロンガスが出ないため、地球にやさしいのが特長です。

発泡の仕方が泡のように膨れて隙間なく充填されるため、「泡断熱」とも呼ばれています。【断熱のタイコー】では、や床などに泡断熱を施し、の断熱も提案しています。建物の断熱というと床や壁のイメージが強いかもしれませんが、窓の断熱も重要です。

窓は、建物の熱を逃したり冷気が入り込んだりするため、断熱性能を高めたい場合は二重サッシやペアガラスへの交換をおすすめします。大阪で断熱リフォームの業者をお探しの方は、ぜひ【断熱のタイコー】へお問い合わせください。

大阪で断熱リフォームのことなら【断熱のタイコー】

会社名 大幸産業株式会社
代表者 代表取締役社長 岡田眞章
住所 大阪府寝屋川点野3丁目18番23号
TEL (072)839-6760
FAX (072)839-6761
URL http://e-taikoh.co.jp/
設立 平成2年2月1日
資本金 10,000,000円
事業内容 【外装建設事業部】
・サイディング工事、雨樋・板金工事
・屋根工事、ALC工事、塗装工事
【構造資材事業部】
・旭化成ベースパック柱脚工事
・各種構造資材販売
・各種アンカーセット工事
【断熱リフォーム事業部】
・床下屋根裏断熱回収吹付ウレタン工事
・マンション断熱回収吹付ウレタン工事
・木造新築増改築工事
・古民家再生リノベーション工事
・耐震診断及び耐震改修工事
建設業許可 大阪府知事許可(般-27)第90234号

お問い合わせはこちら

まずはお電話下さい。0120-356-090